スポンサーリンク

【再現レシピ】きのう何食べた?ほうれん草のソテーの作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
ほうれん草のソテーきのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 3巻 #19.に登場するシロさんの「ほうれん草のソテー」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ほうれん草のソテーの2人分の材料をご紹介!

・ほうれん草 1袋
・バター 1かけ(10g)
・クレイジーソルト 少々

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ほうれん草のソテーの作り方を9枚の画像で徹底解説!

1.ほうれん草の根元の砂や泥をきれいに洗い流す。

 

ほうれん草の根元をカットする。

 

根元を落としたほうれん草を5cmほどの食べやすい長さにカットする。

 

2.フライパンを中弱火であたため、バター 1かけ を溶かし、全体に広げる。

 

ほうれん草の根元から半分ほどの茎の部分から炒める。

茎の部分は葉の部分に比べて火の通りが遅いので先に炒めます!

 

ほうれん草の茎は写真ぐらいまで炒めましょう!

 

3.ほうれん草の葉の部分を加え、さらに炒める。

バターは焦げやすいので、弱火~中火の間でじっくりと炒めます。

 

3.葉がしんなりしてきたら、クレイジーソルトを全体的に振りかけて、よく混ぜ炒める。

クレイジーソルトをかける目安は、大きい口のほうで3振りくらいです。

 

4.お皿に盛り付けて、完成!

 

スポンサーリンク

ほうれん草のソテーの調理時間は10分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

手慣れてくれば、調理作業時間は5分ほどで完成する超お手軽料理と言えるでしょう!

 

そして、シロさんのほうれん草のソテーがついた本日のお夜食はこのようになりました!

◆Today’s menu◆

シロさんの鮭の幽庵漬け

・シロさんのほうれん草のソテー

佳代子さんのわかめときゅうりの酢の物(残り物)

・玉ねぎと油揚げのみそ汁

・ごはん

・冷茶

 

スポンサーリンク

ほうれん草のソテーはバターの風味と香草で本格的な洋食店の味!

塩コショウで味付けしてもおいしいほうれん草のソテーですが、さらにおいしく作るコツがあります。

それは、クレイジーソルトを使うこと!

かけるだけでほうれん草のソテーが、洋食屋さんで出される様な本格的な味わいに仕上がります!

 

この記事では献立的に鮭の幽庵漬けと合わせたのでソルトのシンプルな味付けにしましたが、メインのお料理が薄味のときはしょうゆを加えてバター醤油味にするのも◎

葉物が苦手なお子様には、一緒にコーンなどもいれて出すと食べやすい味になりますよ!

 

手早く簡単にできて、栄養価も高いほうれん草のソテー。

朝ごはんや、ハンバーグなどの付け合わせ、もう一品欲しいときなど、ありとあらゆるメニューに合わせやすい万能料理です!

ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

ほうれん草のソテーの原作の献立はこちら!

きのう何食べた?3巻より

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #19. にてご紹介しています!

きのう何食べた?3巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

ほうれん草のソテーの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」3巻 #19. に登場する「ほうれん草のソテー」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひシロさんお手製のほうれん草のソテーを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

ほうれん草を使った副菜は他にもあります!「ほうれん草の梅びたし」の作り方はこちらからどうぞ!

ほうれん草を使った副菜は他にもあります!「ほうれん草としめじのみぞれ和え」の作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

何食べマンガ最新刊

当レシピ登場巻

公式レシピガイド


コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました