【再現レシピ】きのう何食べた?コーンバターライスの作り方を写真付きで解説!

コーンバターライスきのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 11巻 #87.に登場する「コーンバターライス」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

コーンバターライスの2合分の材料はこちら!

・コーン缶 200g…1缶は250gで前日50g使った残り
・米 2合
・しょうゆ 大さじ1
・和風だしの素 小さじ1≒1袋4g
・バター 10g

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

コーンバターライスの作り方を13枚の画像で徹底解説!

1.米2合を3回ほど研いで水を流す。※無洗米は不要

 

2.コーン缶の中身をザルで取りだし、中の水は別の器にうつしておく。

この記事では、前日に作ったスープで使った50gの残りのコーン200gを使いました。

 

3.といだ米の窯にコーンを入れる。

 

釜にしょうゆ大さじ1を入れる。

 

釜に和風だしの素小さじ1(≒1袋4g)を入れる。

 

釜にコーンの水を加え、2合の分量のまで水を注ぐ。

 

この記事で使ったコーン缶に入っていた水は多かったので、新たに追加せずとも2合の線まで入りました。

 

スプーンなどで釜の中を軽く混ぜておく。

 

4.炊き込みご飯モードで炊く。

※この記事で使った炊飯器は炊き込みご飯モードがないため、通常炊飯をしています。

 

炊きあがりました!

 

5.炊きあがったご飯に、バター 10g (1かけ)を入れる。

 

しゃもじで釜の底から返すようにして、全体を混ぜ合わせる。

 

器に盛り付けて、完成!

スポンサーリンク

コーンバターライスの調理時間は50分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にかかっています。

炊飯の時間をのぞく調理時間を考えれば、10分もあれば完成するお手軽料理といえるでしょう!

 

そして、ケンジのコーンバターライスがついたこの日のお献立はこちらになりました!

◆Today’s menu◆
・ケンジのコーンバターライス
・玉ねぎとベーコンとにんじんのコンソメスープ
・プチ焼き肉(味付け肉を焼いただけ)
・岩下の新生姜
・麦茶

 

スポンサーリンク

コーンバターライスは子どもも喜ぶやさしい味!

バターライスはフライパンで作るイメージでしたが、後入れバターの炊飯ジャーでもおいしく作れました!

コーンの甘みがごはんによくなじみ、バターの風味が食欲をそそります。

 

具材を小口切りにしたり、たくさんの調味料を計量したり…という炊き込みご飯のネックな手間は一切なし!

黄色で色身も鮮やかなコーンご飯なら、喜ぶお子様も多いでしょう。

白米と比べて、普段の食卓やお弁当にごちそう感も演出できます!

 

ちょっと今日はおかずが寂しいな、という時の救世主になってくれるレシピです。

ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

コーンバターライスの原作の献立はこちら!

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #87. にてご紹介しています!

きのう何食べた?11巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

コーンバターライスの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」 11巻 #87. に登場する「コーンバターライス」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひケンジお手製のコーンバターライスを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

コーンを使ったレシピは「卵とコーンのスープ」もおすすめ!作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

11巻

公式ガイド&レシピ

公式ガイド&レシピ2

コメント

タイトルとURLをコピーしました