【再現レシピ】きのう何食べた?しじみの味噌汁の作り方を写真付きで解説!

しじみの味噌汁きのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事ではそんな「何食べ」 16巻 #127.に登場する佳代子さんの「しじみの味噌汁」の作り方を写真付きでご紹介です!

 

スポンサーリンク

しじみの味噌汁の2人分の材料をご紹介!

砂抜き
・しじみ 120g
・水 250㏄
・塩 小さじ1/2

みそ汁
・水 400㏄
・和風だしの素 1/3袋 …なくてもOK
・みそ お玉1/3杯

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

しじみの味噌汁の作り方を8枚の画像で徹底解説!

1.ボウルに水250㏄と塩小さじ1/2を入れてまぜた塩水を入れ、しじみを重ならないようにばらして加え、キッチンペーパーをふた代わりにして暗くし、冷蔵庫で1時間おいて砂抜きをする。

塩水はしじみが窒息しないように水面スレスレになるように入れ、キッチンペーパーでしじみがはいた海水を飛び散らせないようにします。

 

2.しじみの砂抜きができたら、貝同士を両手でこすりあわせるようにして洗い、汚れを冷水でおとす。

しじみの砂抜きが手間でお急ぎのときは、2.から下処理をはじめてもOK。

 

3.小鍋に水400㏄と砂抜きしたしじみ120gを加え、弱火でひと煮立ちさせる。

 

しじみは弱火でじっくりとあたためることで、旨味がひきだされます。

 

4.汁がひと煮立ちしたら、お玉でアクを取りのぞく。

 

5.しじみのアクが取れたら、和風だしの素1/3袋を加える。

しじみの出汁がでているので、和風だしの素は入れなくてもOK。

 

6.だしが溶けたら鍋の火を止め、みそお玉1/3杯をみそこしで溶く。

みそは沸騰すると風味が飛んでしまうので、必ず火を消してからみそを加えましょう。

 

お椀によそって、完成!
スポンサーリンク

しじみの味噌汁の調理時間は15分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

しじみの砂出しの1時間を除けば、調理作業時間は10分ほどの超お手軽料理と言えるでしょう!

 

そして、佳代子さんのしじみの味噌汁がついた今日のお献立はこちらになりました!

◆Today’s menu◆
・まつこのホタテとイカのバター醤油煮
シロさんの豆苗のおひたし
・佳代子さんのしじみのみそ汁
シロさん母のかぶとにんじんの酢のもの
・ごはん
・麦茶

 

スポンサーリンク

しじみの味噌汁は二日酔いにも効いてだしの旨味がおいしい!

じっくりと弱火でしじみの旨味をひきだしたみそ汁はホッとする味!

貝は汁にすることでだしが出るので、和風だしの素を入れずとも味わい深く仕上がります。

本記事では入れてませんが、万能ねぎの小口切りなどを散らしてもおいしいですよ。

 

しじみ汁と言えば二日酔いのときに活躍してくれることで有名です。

飲みすぎたときの体内には「アセトアルデヒド」という毒素がたまります。

そこでしじみの味噌汁を飲むと、しじみに含まれる「オルニチン」という成分が肝臓の「アセトアルデヒド」を分解する手助けをしてくれるのです。

 

飲みすぎた朝も、ホッとしたい夜もおすすめのしじみのおみそ汁です。

ぜひお試しあれ!

 

スポンサーリンク

しじみの味噌汁の原作の献立はこちら!

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #127. にてご紹介しています!

きのう何食べた?16巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

しじみの味噌汁の作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」 16巻 #127. に登場する「しじみの味噌汁」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひ佳代子さんお手製のしじみの味噌汁を、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立のシロさんの「豆苗のおひたし」の作り方はこちらからどうぞ!

この日の献立のシロさん母の「かぶとにんじんの酢のもの」の作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

16

公式ガイド&レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました