スポンサーリンク

【再現レシピ】きのう何食べた?黒豆の作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
黒豆きのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 9巻 #69.に登場するシロさんの「黒豆」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

黒豆の4人分の材料をご紹介!

・黒豆 150g
・水 1000㏄
・さとう 120g
・しょうゆ 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1
・差し水 100㏄ずつ
・追加のお湯 各500㏄ずつ

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

黒豆の作り方を35枚の画像で徹底解説!

写真は煮る前の黒豆の状態。まだ豆の形は丸い形状です。

 

1.黒豆をボウルに入れてやさしく水洗いをする。

 

強めに洗うと皮がむけてしまうので、やさしく水洗いをします。

 

2.水洗いした黒豆を、ザルにあげて水切りをする。

 

3.水1000㏄を小鍋に入れ、強火で沸かしておく。

 

4.砂糖120gを計量する。

 

5.鍋がひと煮立ちしたら、しょうゆ大さじ1と1/2、砂糖120g、塩小さじ1を加え、混ぜ合わせる。

 

6.調味料をすべて入れたら混ぜ合わせて、強火でひと煮立ちさせる。

 

7.調味料がひと煮立ちしたら、火を止めて水切りした黒豆を加える。

 

8.黒豆を加えて火を止めたら、小鍋にふたをする。

 

9.ふたをしたら黒豆を煮汁にそのままひと晩つけて寝かせ、豆を戻す。

 

~翌日~

 

ひと晩煮汁にひたした黒豆がこちら。形が楕円型になりました。

 

10.戻した黒豆を強火にかけ、ひと煮立ちさせてアクを出す。

 

11.強火にかけたまま、アクを取りのぞく。(1回目)

 

12.アクを取りのぞいたら、差し水を100㏄加えて再び強火でひと煮立ちさせる。

アク取りをしたら差し水を加え、という作業を3回繰り返します。

 

13.鍋が沸いたら、2回目のアク取りをする。

 

14.再び差し水を100㏄加え、強火でひと煮立ちさせる。

 

15.鍋が沸いたら、3回目のアク取りをする。

 

16.アクが取り切れたら、弱火に落として落し蓋をする。

 

落し蓋をしたときに、完全に豆が煮汁につかるようにします。

(煮汁が少ない場合は、小鍋の8割ほどになるようにおゆを加えましょう。)

煮汁から豆が出てしまうと皮がやぶけてしまうので、常に豆は煮汁につかったままの状態をキープしましょう。

 

17.落し蓋をして豆が煮汁に完全につかったら、鍋にふたをする。

 

18.ふたをしたら、ごく弱火で8時間黒豆を煮る。

途中、安全装置が作動して火が消えてしまうことがあるので、ときおり様子を確認しましょう。

煮ている8時間の間は、煮汁が豆から出ないように定期的におゆを追加して煮ていきます。

 

2時間ほど煮た黒豆がこちら。

まだ煮汁に豆がつかっていたので、引き続きこのままごく弱火で煮ていきます。

 

3時間ほど煮た豆がこちら。

かなり煮汁が減ってきたので、おゆを追加しましょう。

 

19.煮汁が減ってきたら、おゆを500㏄足す。

お湯は蛇口から出したものをそのまま加えています。

以後、追加するお湯は毎回500㏄ずつです。

 

20.4時間ほど煮て煮汁が減ってきたら、再びお湯を100㏄足してごく弱火で煮つづける。

追加のお湯を加える目安は、落し蓋の上1cmほどの煮汁の量になったらです。

 

21.5時間ほど煮て煮汁が減ってきたら、再びお湯を500㏄足してごく弱火で煮つづける。

 

22.7時間ほど煮て煮汁が減ってきたら、再びお湯を500㏄足してごく弱火で煮つづける。

 

23.8時間、煮終わったら火を止める。

 

煮終わった豆のようすはこんなかんじ。

豆を黒々と仕上げるためのさびくぎを入れて煮ていないため、自然な色の黒豆に仕上がっています。

 

煮込み終わった黒豆を指でつまんで、ふにゅっとやわかさを感じられればOKです。

 

24.やわらかさを確認出来たら、鍋にふたをしてそのまま冷まし、黒豆に味をなじませる。

 

黒豆が冷め切ったら、器に盛りつけて完成!

 

おすそわけをする場合は、煮沸消毒した瓶に移すのも◎

 

汁が漏れるとべたべたになってしまうので、ふたはしっかりと閉じて密閉保存しましょう。

 

スポンサーリンク

黒豆の調理時間は1日12時間15分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

(時間の内訳は、前日の仕込み10分・翌日の仕込みから煮込み8時間35分・冷まし3時間30分)

煮込み時間を除く実際の調理作業時間は、30分ほどで完成するお料理と言えるでしょう!

 

そして、シロさんの黒豆がついた本日の献立はこのようになりました!

◆Today’s menu◆
・佳代子さんのりんごきんとん
シロさんの黒豆
シロさんの筑前煮
・小田原「鈴廣」のかまぼこと「紀文」のかまぼこ
・まつこ家の東海風お雑煮と甘煮のおあげ
・まつこ家のピーナッツ入り紅白なます
・伊達巻き
・タラバガニ
・静岡茶

 

スポンサーリンク

黒豆は自然な甘さのほっくりやさしい味わい!

前日の豆を戻す仕込みから、当日の8時間という煮込み時間、豆を冷ます時間と、とにかく手間がかかる黒豆。

しかしながら時間をかけてていねいに煮込んだかいもあり、そのおいしさはひとしお!

皮が破れることもなくつやつやした見た目で、おせち料理としても堂々と出せる一品となりました。

 

本レシピの元は、土井善晴先生の黒豆レシピと原作に記載がありました。

さびくぎを入れていないため黒さは控えめですが、豆本来の自然な色の仕上がりになります。

お味は文句なしの黒豆のおいしさで、砂糖もたっぷり使っているので汁に浸っていれば5日ほどもちます。

 

普段はスーパーで黒豆を買っている方も、手作りおせちに挑戦してみてはいかがでしょうか?

何食べ映画にも登場したシロさんの黒豆、ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

黒豆の原作の献立はこちら!

きのう何食べた?9巻より

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #69. にてご紹介しています!

きのう何食べた?9巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

黒豆の作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」9巻 #69. に登場する「黒豆」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひシロさんお手製の黒豆を、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立の佳代子さんの「りんごきんとん」の作り方はこちらからどうぞ!

この日の献立のシロさんの「筑前煮」の作り方はこちらからどうぞ!

お正月の伊達巻代わりにもなるケンジの「ガッテンの甘い卵焼き」の作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

何食べマンガ最新刊

当レシピ登場巻

公式レシピガイド


コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました