【何食べ再現レシピ】シロさんの簡単「タコとわけぎのバターぽん酢いため」の作り方!きのう何食べた?13巻#103.より

料理
この記事は約7分で読めます。

皆さん、こんにちは! matutikaです!

突然ですが、きのう何食べた?という作品をご存知ですか?

 

シロさんが作る料理の数々は、たくさんの人々を魅了し、

食べてみたい!と思うことも多いことかと思います。

 

matutika
matutika

そこで、何食べレシピを実際に再現して作ってみました!

 

今回は、先日ツイートしたこちら!

 

「何食べ」 13巻 #103. に登場するタコとわけぎのバターぽん酢いための作り方を写真付きでご紹介です!

 

この記事はこんな人におすすめ!

・シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いためを作ってみたい、味わいたい方

・お料理初心者でもできる簡単なタコとわけぎのバターぽん酢いための作り方を図解で知りたい方

 

スポンサーリンク

『きのう何食べた?』とは?

原作は「よしながふみ」の漫画。

お話のジャンルはBL(ボーイズラブ)×料理

ゲイカップルのゆるっとした日常が、お料理を主軸に描かれている作品です。

 

matutika
matutika

漫画でレシピが紹介されているので、とっても分かりやすいんです!

 

こちら連載開始から瞬く間に人気となり、ドラマ化もした作品です。

今なら、AmazonのPrimeVideoでも全話視聴が可能!

あらすじはこんな感じ。

筧史朗(西島秀俊)は街の小さな法律事務所で働く雇われ弁護士。

史朗の日課は、定時に事務所を出た後に近所の安売りスーパーへ向かうこと。

お買い得な食材をすばやく吟味しながら、頭の中で瞬時に夕食の献立を組み立てていく。

月の食費を2万5千円以内に抑えるのが史朗にとっての重要課題なのだ。

シロさんとケンジのほろ苦くもあたたかい毎日と、日々の食卓を描いた物語の始まりです。

 

何と映画化も決まっています!

 

matutika
matutika

ますます今後が楽しみな何食べです!

スポンサーリンク

シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いため:材料

かつおぶしの写真入れ忘れた…

◆材料◆ 3人分 ( )は原作分量

・タコ 170g (100g)

・わけぎ 1袋5本 (3~4本)

・バター 2かけ (1かけ=10g)

・ぽん酢 大さじ3 (だばーっと)

・かつおぶし 1pc (1pc)

 

matutika
matutika

今回は、原作にあったレシピの1.5倍量で挑戦です!

 

 

スポンサーリンク

シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いため:作り方

 

matutika
matutika

原作には書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介しています!

 

1.タコを水ですすぎ、

 

一口大に切る。

 

 

2.わけぎの根元を落とし、

 

5cmくらいに切る。

 

matutika
matutika

下準備はこれだけ!

では炒めていきます!

 

 

3.弱火でフライパンにバターを2かけ溶かし、全体になじませ、

 

タコを入れてバターをからめながらじっくり炒める。

 

matutika
matutika

バターは焦げやすいので、ずっと弱火です。

これくらい↓まで炒めればOK!

 

 

4.わけぎを加え、しんなりしてきたら、

 

ぽん酢を全体に回しいれる。

 

matutika
matutika

原作ではだばーっとと表現されています。

目安は1人分に対して大さじ1ぐらいで!

 

5.最後にかつおぶしをふりかけて、軽く炒め、

 

お皿に盛り付けて、完成!

 

おまけ

 

matutika
matutika

この日の献立はこんなかんじになりました!

 

◆Today’s menu◆

シロさんの厚揚げのケチャップいため

・シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いため

・ハイボール

 

スポンサーリンク

シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いため:所要時間

 

matutika
matutika

15分ほどで完成しました!

 

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にかかっています。

手慣れてくれば、10分もあれば完成するスピード料理といえるでしょう!

 

スポンサーリンク

シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いため:お味の感想は?

 

matutika
matutika

かつおぶしが良いアクセントのバタぽん!

 

普段タコは少々値がはるため、ほとんど買わない私です。

が、すっかりこの旨さの虜になり、リピート確定メニューになりました!

 

バタぽんや、バター醤油はお手軽料理として色々作ってきましたが、かつおぶしを入れたのははじめて!

タコとの相性はばっちりで、他の具材で作るときも試してみようと思いました。

 

しっかりめの味付けなので、

 

matutika
matutika

おつまみにも最高!

 

もちろんご飯も進みます。

 

わけぎは細かく輪切りにして薬味として使うことが多いですが、ざく切りにすれば手間もかかりません!

メインの食材としても使えるというのは、私の中で新たな発見でした。

 

matutika
matutika

あまりの美味しさに、ペロッ完食!

下ごしらえもほとんど必要なしのお手軽メニューです。

ぜひ、お試しを!

 

スポンサーリンク

シロさんのタコとわけぎのバターぽん酢いため:原作の献立は?

詳しくはこちらの記事の #103. よりどうぞ!

【13巻編】人気漫画&ドラマ『きのう何食べた?』の全巻レシピ一覧
人気漫画&ドラマ『きのう何食べた?』のレシピを総まとめ!巻数毎に全ての作り方を掲載・再現!何食べ13巻レシピ一覧…担々うどん・春巻き・ブロッコリーのかにかまあん・大根と落とし卵のみそ雑炊・バージョンアップ鶏の水炊き・にんじんしりしり・江戸前風ばらちらし・シンガポールチキンライス・あじの煮つけ・アスパラのお浸し・ゆで豚

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「何食べ」 13巻 #.103 に登場するタコとわけぎのバターぽん酢いための作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

原作漫画ドラマ公式ガイド&レシピはこちらから!

13巻

公式ガイド&レシピ

 

matutika
matutika

ぜひシロさんお手製のタコとわけぎのバターぽん酢いためを、あなた自身で味わってみてくださいね!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました