スポンサーリンク

【再現レシピ】きのう何食べた?長ネギとザーサイのせ冷ややっこの作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
長ネギとザーサイのせ冷ややっこきのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 4巻 #31.に登場するシロさんの「長ネギとザーサイのせ冷ややっこ」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

長ネギとザーサイのせ冷ややっこの2人分の材料をご紹介!

・豆腐 半丁
・長ねぎ 3cm
・ザーサイ 15g
・レモン汁 3ふり
・しょうゆ 小さじ1
・ごま油 小さじ1

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

長ネギとザーサイのせ冷ややっこの作り方を6枚の画像で徹底解説!

1.長ねぎ3cmとザーサイ15gを用意する。

この記事では長ねぎは輪切りを冷凍したものを使っています。

 

2.長ねぎとザーサイをそれぞれみじん切りにして、小さめの器に入れておく。

量はお好みで大丈夫ですが、長ねぎとザーサイが同じぐらいの量だとおいしくいただけます。

 

3.ザーサイと長ねぎが入った器に、レモン汁3ふり、ごま油小さじ1、しょうゆ小さじ1を加えて、よく混ぜる。

冷ややっこのトッピングが完成しました!

 

4.豆腐1丁を半分に切り、さらに半分に切って1/4丁にして、器に1個ずつ入れる。

余った半丁は、水をはった保存容器に入れて冷蔵庫で保管できます!

 

5.豆腐の上にトッピングをたっぷりのせる。

 

完成!

 

スポンサーリンク

長ネギとザーサイのせ冷ややっこの調理時間は15分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間と冷やす時間が余分にがかかっています。

手慣れてくれば、調理作業時間は10分ほどで完成する超お手軽料理と言えるでしょう!

 

そして、シロさんの長ネギとザーサイのせ冷ややっこがついた本日の献立はこのようになりました!

◆Today’s menu◆

佳代子さんの玉ねぎたっぷり豚のしょうが焼き
シロさんのにんじんのナムル
・シロさんの長ネギとザーサイのせ冷ややっこ
シロさんの竹の子とわかめのみそ汁
・ごはん
・麦茶

スポンサーリンク

長ネギとザーサイのせ冷ややっこはおつまみにも最高!

ただの冷ややっこではちょっと物寂しい気もしますが、薬味にひと手間加えると一品料理としても満足感があります!

元のザーサイの味がしっかりと決まっているので、味付けもブレることなくおいしくいただけます!

レモン汁が入っているので、かなりさわやかで食べやすい味にまとまっていますよ!

 

このトッピングですが、冷ややっこ以外にも相性は抜群!

きゅうりやトマト、キャベツ、厚揚げなどと合わせてもかなりおいしいので、トッピングを多めに作って冷凍保存がおすすめです。

最高のお酒のアテになりますよ!

 

冬は湯豆腐の薬味としても活躍するレシピです。

簡単に作れますので、ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

長ネギとザーサイのせ冷ややっこの原作の献立はこちら!

きのう何食べた?4巻より

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #31. にてご紹介しています!

きのう何食べた?4巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

長ネギとザーサイのせ冷ややっこの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」4巻 #31. に登場する「長ネギとザーサイのせ冷ややっこ」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひシロさんお手製の長ネギとザーサイのせ冷ややっこを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立の佳代子さんの「玉ねぎたっぷり豚のしょうが焼き」の作り方はこちらの記事でご紹介しています!

この日の献立のシロさんの「にんじんのナムル」の作り方はこちらの記事でご紹介しています!

この日の献立のシロさんの「竹の子とわかめのみそ汁」の作り方はこちらの記事でご紹介しています!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

何食べマンガ最新刊

当レシピ登場巻

公式レシピガイド


コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました