スポンサーリンク

【再現レシピ】きのう何食べた?きほんのポテトサラダの作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
ポテトサラダ きのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 2巻 #12.に登場するシロさんの「きほんのポテトサラダ」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

きほんのポテトサラダの4人分の材料をご紹介!

玉ねぎ下処理
・玉ねぎ 1/2個
・塩 小さじ1/2

きゅうり下処理
・きゅうり 2本
・塩 小さじ1

具材
・じゃがいも 中4個

味付け
・さとう ひとつまみ
・牛乳 50㏄
・酢(ドレッシングビネガー) 小さじ1 (適宜)
・コンソメ(鶏がらスープの素) 1/2個…小さじ1 (少々)
・マヨネーズ 大さじ4
・塩 味がうすければ
・黒コショウ 8ふり

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

きほんのポテトサラダの作り方を18枚の画像で徹底解説!

1.玉ねぎ1/2個の皮をむいて両端をおとし、うす切りにする。

 

2.うす切りにした玉ねぎを器に入れ、塩小さじ1/2をまぶしてかるくまぜ、15分ほどおく。

塩の浸透圧で、玉ねぎの余分な水分や苦みを抜くことができます。

 

3.じゃがいも4個は水洗いをして、1個ずつラップにくるむ。

 

4.ラップにくるんだじゃがいも4個を、700Wのレンジで4分加熱する。

 

5.じゃがいもをレンジにかけている間に、きゅうり2本のへたをおとし、うす切りにする。

 

6.切ったきゅうりを器に入れて塩小さじ1をまぶしてなじませ、30分おいて水分を出す。

ここできゅうりをもみこむと割れてしまうので、かるく混ぜる程度にしておきましょう。

きゅうりの水気をだすことで、ポテサラの味がなじみやすくなります。

 

7.じゃがいもを4分あたためたら、ひっくり返して裏面を上にし、700Wでさらに4分加熱する。

 

8.コンソメ1/2個を包丁でこまかく刻み、耐熱ボウルに入れておく。

※顆粒タイプのコンソメ小さじ1があれば、この工程は不要です。

 

9.15分ほど置いて玉ねぎがしんなりしてきたら、水で洗って塩を流す。

少し味見をして塩気が抜けたかを確認し、しょっぱいようなら再度水洗いしましょう。

 

10.塩気を落とした玉ねぎの水気を両手でかたくしぼり、コンソメを入れた耐熱ボウルに加える。

 

11.耐熱ボウルに、くだいたコンソメ1/2個、水気をしぼった玉ねぎ1/2個、牛乳50㏄、酢小さじ1、砂糖ひとつまみを入れて、かるく混ぜ合わせておく。

これがポテサラの味のベースになります。

 

12.じゃがいものレンジ加熱がおわったら、ラップをとって箸をさしやわらかさを確認する。

箸がスッと入れば中まで火が通ったサイン!

固かったら再びラップをして、さらに3分ほどあたためましょう。

 

13.玉ねぎと調味料を入れた耐熱ボウルに、火が通ったじゃがいもをそのまま入れ、ボウルのなかで皮むきをする。

じゃがいもはかなり熱いのでやけどに注意!

じゃがいもの熱で調味料がとけて、味なじみがよくなります。

 

14.皮をむいたじゃがいもを、木べらやマッシャーなどでつぶす。

 

15.30分ほどおいて水気がでたきゅうりを、両手でしっかりとしぼる。

 

16.じゃがいもの入ったボウルに、水気をしぼったきゅうり、マヨネーズ大さじ4、あらびき黒コショウ8ふりを入れて混ぜる。

味見をしてうすいようなら塩を加えて味をととのえる。

本記事ではきゅうりの塩気が残っていたので、塩は追加しませんでした。

 

17.食べる分だけお皿に盛りつける。

 

完成!

 

スポンサーリンク

きほんのポテトサラダの調理時間は45分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

手慣れてくれば、調理作業時間は10分ほどで完成するお手軽料理と言えるでしょう!

 

そして、シロさんのきほんのポテトサラダをアレンジしたの今日のお献立はこちらになりました!

 

スポンサーリンク

きほんのポテトサラダはマヨのおいしさを感じるシンプルな味!

きほんのポテトサラダだけあって、これぞ王道、シンプル イズ ベストの味!

お酢の酸味はほんとど感じず、ベースのコンソメが味に深みを出してくれています。

シロさんの思惑通り、じゃがいもの熱でしっかりと調味料がとけるので味のムラは全くありませんでした。

 

具材はきゅうりと玉ねぎのみなので、サラダ感が強かったです。

マヨネーズはじゃがいも1個に対して大さじ1を加えると、しっとり食感でかなり濃厚なマヨを感じられますね。

逆にマヨネーズの酸味が苦手な方なら、半量ぐらいにマヨを控えるとじゃがいもの旨味を感じられる仕上がりになりますよ!

 

翌日はさらに味がなじんで、おいしいポテサラになりました。

おうち飲みのお供にも、ぜひお試しあれ!

 

スポンサーリンク

きほんのポテトサラダの原作の献立はこちら!

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #12. にてご紹介しています!

きのう何食べた?2巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

きほんのポテトサラダの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」2巻 #12. に登場する「きほんのポテトサラダ」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひシロさんお手製きほんのポテトサラダを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立の佳代子さんの「春巻き」の作り方はこちらからどうぞ!

ポテトサラダをアレンジした「ゆで卵とベーコン入りポテトサラダ」の作り方はこちらからどうぞ!

この日の献立の佳代子さんの「小松菜の中華スープ」の作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

何食べマンガ最新刊

当レシピ登場巻

公式レシピガイド


コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました