【再現レシピ】きのう何食べた?ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みの作り方を写真付きで解説!

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みきのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 1巻 #6.に登場するシロさんの「ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みの4人分の材料をご紹介!

・ナス 3本
・サラダ油 ナスを素揚げできる量
・玉ねぎ 1/2個
・しょうが おろしチューブ小さじ1 (ひとかけ)
・トウバンジャン 小さじ1…辛い物が好きな方は大さじ1
・豚肉切り落とし 300g
・トマト 2個
・テンメンジャン 大さじ2…なければ、みそ大さじ2・さとう小さじ1で代用可
・砂糖 小さじ1 (少々)
・しょうゆ 大さじ3
・水 100㏄

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みの作り方を15枚の画像で徹底解説!

1.ナスのへたを落とす。

ナスのへたは、写真のようにガクをむいたギリギリの部分で切ると無駄なく食べられます!

 

2.へたを落としたナスを縦半分に切り、格子状に切れ目を入れて、さらに縦横半分に切る。

 

3.中華鍋にナスが浸るぐらいのサラダ油を入れて、180℃の高温にし、ナスを鍋はだから静かに入れて強火で3分揚げる。

180℃の目安は木の菜箸を入れてすぐに先端から小さな泡が出るぐらいです!

ナスを一気に入れると油の温度が急激に下がってカラっと揚がらなくなるので、2回に分けて揚げましょう!

 

4.揚がったナスをザルかキッチンペーパーの上にあげ、油を切っておく。

 

5.玉ねぎ1/2個をみじん切りにする。

 

6.トマト2個のへたを取り、一口大に切る。

 

7.ナスを揚げていた中華鍋の油を少し残し、みじん切りにした玉ねぎ、しょうがおろしチューブ小さじ1、トウバンジャン小さじ1を入れて、弱火で3分じっくりと炒め香味野菜を作る。

原作のように生のしょうがを使う場合はひとかけをみじん切りにしたものを加えます。

トウバンジャンはほとんど辛みなく仕上がる量ですので、辛い物がお好みの方は小さじ3ほどを目安にどうぞ!

 

8.玉ねぎが透明になってきたら、豚肉の切り落としを加え、中火で2分ほど色が変わるまで炒める。

 

9.豚肉の色が変わってきたら、ざく切りしたトマトを加え、中火で3分ほどやわらかくなるまで炒める。

 

10.炒めている間に合わせ調味料を用意する。

小さめの器に、テンメンジャン大さじ2、砂糖小さじ1、しょうゆ大さじ3を加え、泡立てで混ぜておく。

テンメンジャンがない場合は、みそ大さじ2と砂糖小さじ1で代用できます!

 

11.トマトがしんなりしてきたら、合わせ調味料を加えて全体を混ぜ合わせる。

 

12.合わせ調味料が混ざったら、水100㏄を加えて強火でひと煮立ちさせる。

 

13.中華鍋がひと煮立ちしたら、揚げナスを戻しいれ弱火で10~20分ほど煮込む。

この記事では10分煮込み味はちょうど良かったのですが汁気がかなり残ったので、汁気を飛ばしたい方は20分がおススメです!

 

14.食べる分だけお皿に盛り付ける。

残った分は小分けのタッパーに入れて冷凍保存しました。

 

完成!

 

 

スポンサーリンク

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みの調理時間は45分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

手馴れてくれば、調理作業時間は35分ほどで完成するお料理と言えるでしょう!

 

そして、シロさんのナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みがついた本日の献立はこのようになりました!

◆Today’s menu◆

・シロさんのナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み
シロさんの大根のみそ汁
シロさんのほたて貝柱入り紅白なます 
・ごはん
・麦茶

 

スポンサーリンク

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みは具材に旨味が染みて美味!

しっかりとした味わいの中華風煮込みは、具材に旨味がぎゅぎゅっとしみこんでいてとってもおいしい!

素揚げしたナスはジューシーに仕上がり、煮込むことでトマトは甘みがひきたっています。

豚肉はやわらかくなって、テンメンジャンのまろやかな味わいがよくなじんでいました。

 

見た目ほど味は濃くなく、トウバンジャンが小さじ1と少ないのでピリ辛といえど辛さは控えめ。

トマトと玉ねぎの甘みが汁に溶け込んでいるんで、辛さが苦手なお子様でも安心して食べられますよ!

まったく材料は異なるのですが、ハヤシライスソースを彷彿とさせられました。

 

煮込み時間は10分でもしっかりと味がつきますが、20分煮込んだほうが汁気が飛んでさらに旨味が感じられます。

ナス嫌いでも食べられた一品なので、好き嫌い克服メニューとしては最適かも!?

ごはん泥棒なニクいおかずです!ぜひお試しを!

スポンサーリンク

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みの原作の献立はこちら!

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #6. にてご紹介しています!

きのう何食べた?1巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」1巻 #6. に登場する「ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひシロさんお手製のナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込みを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立の「大根のみそ汁」の作り方はこちらからどうぞ!

この日の献立の「ほたて貝柱入り紅白なます 」の作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

1

公式ガイド&レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました