スポンサーリンク

【万能だしレシピ】久世福商店の「ほっくりじゃがだしバター」を調理!作り方と使い方を写真付きで解説します!

スポンサーリンク
ほっくりじゃがだしバター久世福商店

久世福商店の大人気ギフト「風味豊かな万能だし」を使った、おすすめの料理や口コミが気になる方必見!

久世福の出汁を購入した当ブログの筆者が、実際に調理をして食べてみた感想と使い方をまとめました。

 

この記事では久世福商店の公式レシピサイトより、「ほっくりじゃがだしバター」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

購入を検討している方や、愛用者の毎日の献立の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ほっくりじゃがだしバターの2人分の材料をご紹介!

・じゃがいも 2こ
・水 じゃがいもが小鍋に浸かるぐらい
久世福商店の風味豊かな万能だし 3g
・バター 20g (無塩バター)

( )は公式レシピの分量です。

なおレシピになかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ほっくりじゃがだしバターの作り方を14枚の画像で徹底解説!

1.じゃがいも2こをしっかりと水洗いする。

本レシピは皮ごとじゃがいもを調理するため、泥や汚れはていねいに落とします。

またじゃがいもの芽が気になる方は、あらかじめ取り除いておきましょう。

 

2.小鍋にじゃがいもと、じゃがいもが完全に浸るぐらいの水を入れ、強火でひと煮立ちさせる。

 

3.鍋がひと煮立ちしたら、強火のまま30分ほどじゃがいもを茹で、中まで火を通す。

早くゆでたい場合は、小鍋にふたをすると◎

 

さらに早く火を通す場合は、じゃがいもをぬらしてキッチンペーパーで1つずつくるみ、さらにその上からラップで巻く。

くるんだじゃがいもを耐熱ボウル入れ、じゃがいも1こにつき600Wのレンジで3分あたためると◎

 

4.じゃがいもを茹でている間に、だしバターを作る。

まず、バターを20g計量する。

レシピでは無塩バターとありましたが、本記事では有塩バターで調理しています。

計量が手間な方は、10gごとにカットされているバターも売っています!

 

5.耐熱容器に計量したバターを入れ、ふんわりとラップをかける。

 

6.200Wのレンジで10秒ずつ、バターがやわらかくなるまであたためる。

本記事では、200W10秒×3回でバターがやわらかくなりました。

 

少し溶けてしまっても大丈夫!

写真のような状態になれば、バターはレシピに書かれた「室温にもどした」状態になります。

 

7.室温にもどしたバターに、久世福商店の風味豊かな万能だしの中身を3g、計量して加える。

 

8.へらでバターと万能だしを混ぜ合わせる。

室温にもどしたバターと混ぜると、写真のようなクリーム状の仕上がりになります。

 

9.30分ゆでたじゃがいもの火入れチェックをする。

箸や竹ぐし、つまようじなどをさして、スッとじゃがいもに入れば生はなく火が入ったサインです!

まだじゃがいもが固いようなら、お湯が減っていたらじゃがいもが浸かるぐらいまで追加し、さらに10分ほど茹でて様子をみましょう。

 

10.じゃがいもに火が入った、ザルにあげて湯切りする。

 

11.湯切りしたじゃがいもに、食べやすいように包丁で十字に切り込みをいれる。

ゆでたてのじゃがいもはかなり熱いので、切るときはトングなどで抑えてやけどに注意しましょう。

 

12.切り込みをいれたじゃがいもをお皿に盛りつけ、作っておいただしバターをへらでじゃがいもの上にかける。

 

完成!

じゃがいもが冷めてしまったら、アルミホイルに包んでオーブントースターで温めなおしもできます!

 

スポンサーリンク

ほっくりじゃがだしバターの調理時間は35分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

レンジで時短調理すれば、10分ほどで完成するお料理と言えるでしょう!

 

そして、ほっくりじゃがだしバターがついた本日のお献立はこのようになりました!

◆Today’s menu◆
久世福商店の旨味いっぱいの和風だしリゾット
久世福商店のミニトマトの鰹だし漬け
・久世福商店のほっくりじゃがだしバター
・ほうじ茶

 

スポンサーリンク

ほっくりじゃがだしバターは旨味と風味が抜群においしい和風味!

久世福商店の風味豊かな万能だしを、ふりかけのように使うアレンジレシピ!

だしを取らずとも直接だし粉を加えることで、固形物にも混ぜられるとはまさに目から鱗でした…

煮だしていない分、だしの旨味がガツンと感じられる一品です。

 

バターという洋風調味料に、和風のだしが想像以上に相性がよいです…!

じゃがバターと言えばバターじょうゆのイメージですが、万能だしそのものの味が濃いのでしょうゆは不要!

あまりのおいしさにペロリと完食し、かつ手軽に作れるのでリピ確定のレシピとなりました。

 

おつまみにもピッタリなじゃがだしバターです。

ギフトなどで久世福商店の風味豊かな万能だしをGETした方、ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

ほっくりじゃがだしバターの公式レシピサイト情報はこちら!

久世福商店公式サイトより

久世福商店公式のレシピサイトの「ほっくりじゃがだしバター」を参考に調理しました。

その他にも久世福商店の商品を使ったレシピがたくさんありますので、ぜひご覧ください!

 

 

 

スポンサーリンク

ほっくりじゃがだしバターの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、久世福商店公式レシピサイトにあった「ほっくりじゃがだしバター」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひ久世福商店のほっくりじゃがだしバターを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

\本レシピに使った、久世福商店の風味豊かな万能だしはこちらから購入できます!/

 

この日の献立の元になった久世福商店の「だしの旨味の優しいおでん」の作り方はこちらから!

この日の献立の久世福商店の「旨味いっぱいの和風だしリゾット」の作り方はこちらから!

この日の献立の久世福商店の「ミニトマトの鰹だし漬け」の作り方はこちらから!

コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました