スポンサーリンク

【再現レシピ】きのう何食べた?中華風豚肉と野菜のきんぴらの作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
中華風豚肉と野菜のきんぴらきのう何食べた?

飯テロマンガから、人気ドラマにもなった「きのう何食べた?」の美味しそうなお料理たち。

シロさんが作る数々のレシピはたくさんの人々を魅了し、食べてみたい!と思うことも多いですよね!

 

この記事では、そんな「何食べ」 15巻 #116.に登場するシロさんの「中華風豚肉と野菜のきんぴら」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

中華風豚肉と野菜のきんぴらの4人分の材料をご紹介!

・ごぼう 1本
・長ねぎ青い部分 2本分
・にんじん 1本
・豚こま切れ肉 200g (豚バラ薄切り肉 100g)
・サラダ油 大さじ1
・黒コショウ 5ふり
・酒 小さじ1 (少々)
・しょうゆ 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・水 50cc

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみて美味しかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

中華風豚肉と野菜のきんぴらの作り方を15枚の画像で徹底解説!

1.にんじん1本を皮をむいてへたをおとし、3等分にしてから縦半分にして切った面を下に倒し、薄い短冊切りにしていく。

小さいにんじんは1.5本分使いましょう!

 

2.長ねぎの青い部分2本分をななめ切りにする。

青い部分2本分がない場合は、長ねぎ1本分を使いましょう!

 

3.ごぼう1本の根を落とし、金だわしで皮をむく。

ごぼうの色が白くなるまで皮はむきましょう!

 

4.ボウルにザルを入れて水をはり、水の上にごぼうを包丁でささがきにして入れる。

ザルを重ねることで水切りがしやすくなります!

 

ささがきをしている間に水が濁ってくるので、半分ほどささがいたら一度水を変え、全てささがいた後にもう一度水替えをしましょう!

 

手に持っている端のささがきにできないごぼうは、まな板の上で薄切りにしましょう!

 

5.豚肉200gを5mmほどの細切りにする。

原作では豚バラ肉を味だし程度で100gと少な目の分量でしたが、この記事ではきんぴらを主菜としており、値段も手ごろな豚小間肉で200gと多めに使っています。

 

6.小さい器に、水50cc、しょうゆ大さじ1、酒小さじ1、オイスターソース大さじ1を入れて良く混ぜ、合わせ調味料を作っておく。

原作では直に調味料をフライパンに加えてますが、事前に混ぜておくことでスムーズに炒めることができます!

 

下準備はこれで完了です!

では具材を炒めていきましょう!

 

7.中華鍋に大さじ1のサラダ油を入れて伸ばし、切った豚肉を入れてコショウ5ふりをかけて中火で1分炒める。

具材の量が多めなので、調理には炒めやすい中華鍋がおすすめです!

 

8.豚肉に半分ほど火が入って色が変わったら、にんじんとごぼうを加え中火で3分炒める。

完全に火が通るまで具材を炒めてしまいましたが、この後に調味料と煮込んでいくので全体に油が回る程度に炒めれば大丈夫です!

 

9.ごぼうとにんじんがしんなりしてきたら、合わせ調味料を加えて全体をよく混ぜ炒める。

調味料が焦げ付かないよう、引き続き中火で炒めていきます!

 

10.調味料が具材の全体にからんだら、ふたをして弱火で5分ほど蒸し焼きにする。

ここで完全に具材が通るようにするので、弱火に落としてじっくり火入れしていきましょう!

 

11.ごぼうとにんじんに完全に火が入ったらふたを開けねぎを加え、中火で1分ほど水気がなくなるまで炒める。

最後に入れたねぎは火が入りやすいので、一気に全体を混ぜながら炒めます!

 

お皿に盛り付けて完成!

4人分と多めの分量なので、食べない分は保存容器に入れておきましょう!

 

スポンサーリンク

中華風豚肉と野菜のきんぴらの調理時間は40分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にかかっています。

手馴れてくれば、35分もあれば完成するお料理といえるでしょう!

 

そして、シロさんの中華風豚肉と野菜のきんぴらがついた本日の献立はこのようになりました!

◆Today’s menu◆
・シロさんの中華風豚肉と野菜のきんぴら
タブチくんの彼女さんのキャベツの梅じゃこ風味おひたし
シロさんの厚揚げとさつまいものみそ汁
・ごはん
・麦茶

 

スポンサーリンク

中華風豚肉と野菜のきんぴらは主菜にも副菜にもなる一品!

中華風豚肉と野菜のきんぴらのレシピを見たときに、副菜にしておくにはもったいない一品だ!と感じました。

そしてこの記事でできたのが、お肉が入りボリューム感が増して主菜となった中華風豚肉と野菜のきんぴら!

お野菜もたっぷり入っているので、栄養価も食べごたえも抜群な一皿です!

 

シロさんも言っていたように、残り野菜で出来ちゃうのが特徴のきんぴらです。

原作の巻末には、玉ねぎ・こんにゃく・じゃがいもの細切り・ピーマンなども具材としておすすめされており、幅広い具材でおいしく作れるのが嬉しいですね。

お味は、甘みがないので野菜の味がダイレクトに感じられる仕上がりになっていますよ!

 

冷蔵庫にあるお野菜で作れ、冷凍も出来るのであと一品の救世主にもなってくれます。

主菜としても副菜としても生きる神レシピですので、ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

中華風豚肉と野菜のきんぴらの原作の献立はこちら!

きのう何食べた?15巻より

原作で作られている献立の詳しい記事はこちらの #116.  にてご紹介しています!

きのう何食べた?15巻で紹介しているレシピの一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

中華風豚肉と野菜のきんぴらの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「何食べ」15巻 #116. に登場する「中華風豚肉と野菜のきんぴら」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひシロさんお手製の中華風豚肉と野菜のきんぴらを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立のシロさんの厚揚げとさつまいものみそ汁の作り方はこちらからどうぞ!

この日の献立のタブチくんの彼女さんのキャベツの梅じゃこ風味おひたしの作り方はこちらからどうぞ!

 

シロさんとケンジのほっこりとした日常がのぞける原作漫画と、

シロさんの手料理が再現できるドラマ公式ガイド&レシピはこちらからチェックできます!

何食べマンガ最新刊

当レシピ登場巻

公式レシピガイド


コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました