スポンサーリンク

【再現レシピ】ごほうびごはん「無限ピーマン」の作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
無限ピーマンごほうびごはん

原作こもとも子のドラマ化もした飯テロ漫画「ごほうびごはん」

登場するグルメは、主人公の咲子が作るものも含めてどれもおいしそうなものばかりです!

 

この記事では、そんな「ごほうびごはん」6巻#116 エンドレス総菜 に登場する、滝さんの「無限ピーマン」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

無限ピーマンの2人分の材料をご紹介!

・ピーマン 1袋≒6個
・ツナ 1缶
・ごま油 大さじ1
・塩 小さじ1/4
・コショウ 3ふり
・鶏がらスープの素 チューブ2cm (顆粒 小さじ1)

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみておいしかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

無限ピーマンの作り方を9枚の画像で徹底解説!

1.ピーマンをキッチンばさみで半分に切る。

原作のようにキッチンばさみで調理していますが、もちろん包丁で切ってもOK。

 

2.半分に切ったピーマンのタネとへたを取る。

 

3.タネとへたを取ったピーマンを、キッチンばさみで細切りにして耐熱ボウルに入れる。

 

4.ツナ缶のふたをあけ、ふたで中身を抑えながら油を切る。

 

5.細切りピーマンを入れた耐熱ボウルに、油を切ったツナ1缶、コショウ3ふり、鶏がらスープの素チューブ2cm(顆粒小さじ1)、ごま油大さじ1、塩小さじ1/4を加える。

 

6.耐熱ボウルにピッチリとラップをする。

 

7.ラップをした耐熱ボウルを、700Wのレンジで3分あたためる。

 

8.やけどに注意してラップを取り外し、へらで中身をよくかき混ぜたら器に盛りつける。

調味料が固まっていると食べたときにしょっぱいので、しっかりと混ぜ合わせましょう!

 

完成!

 

スポンサーリンク

無限ピーマンの調理時間は15分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

手慣れてくれば、調理作業時間は10分ほどで完成するお料理と言えるでしょう!

 

そして、滝さんの無限ピーマンがついた本日のお献立はこちらになりました!

◆Today’s menu◆
咲ちゃんの新聞紙おでん
・滝さんの無限ピーマン
・麦茶

 

スポンサーリンク

無限ピーマンはピーマン嫌いもペロッと食べられる最強の副菜!

原作ではお野菜嫌いで子ども舌の滝ちゃんが、主任から教えてもらって作ったお料理でした。

包丁やフライパンがなくとも、キッチンばさみと電子レンジがあれば完成するというお手軽な一品です。

もう一品なにか欲しいときにもパパっと作れる時短副菜なので、筆者も重宝しているレシピですよ!

 

お味は、名前に恥じないまさに無限に食べられるピーマン!

ツナが加わって苦みが減るので、ピーマンが苦手というお子様でも非常に食べやすい一品に仕上がっています。

また、オイスターソース、ラー油、七味、かつおぶしをチョイ足しをすると、アレンジも無限です。

冷蔵庫で冷やしてシャキシャキ食感を出してもおいしく食べられますよ!

 

まとめて作れば常備菜やお弁当のおかずとしても活躍してくれる無限ピーマンです。

お料理初心者の方でもかんたんに作れますので、ぜひお試しあれ!

 

スポンサーリンク

無限ピーマンの原作の献立はこちら!

ごほうびごはん6巻より

原作で作られている献立の詳しい記事は #116 にてご紹介しています!

ごほうびごはん6巻で紹介しているお料理の一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

無限ピーマンの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「ごほうびごはん」6巻#116 エンドレス総菜 に登場する「無限ピーマン」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひ滝さんお手製の無限ピーマンを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

この日の献立の咲ちゃんの「新聞紙おでん」の詳しい作り方はこちらの記事でご紹介中です!

「ごほうびごはん」の全巻料理をまとめた記事はこちらでご紹介しています。

 

社会人として働く咲ちゃんたちのグルメな日常がのぞける原作漫画と、

咲ちゃんの手料理が再現できる公式レシピ本はこちらからチェックできます!

当レシピ登場巻

ごほうびごはん最新刊

公式レシピガイド


コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました