スポンサーリンク

【再現レシピ】ごほうびごはんイタリアの具だくさんスープ「ミネストローネ」の作り方を写真付きで解説!

スポンサーリンク
ミネストローネごほうびごはん

原作こもとも子のドラマ化もした飯テロ漫画「ごほうびごはん」

登場するグルメは、主人公の咲子が作るものも含めてどれもおいしそうなものばかりです!

 

この記事では、そんな「ごほうびごはん」11巻 #231 ポータブル春キャベツ に登場する、咲ちゃんのイタリアの具だくさんスープ「ミネストローネ」の作り方を写真付きで詳しくご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ミネストローネの2人分の材料をご紹介!

・キャベツの葉 4枚
・にんじん 1/2本
・玉ねぎ 1/2こ
・オリーブオイル 大さじ1 (適量)
・にんにく 1片
・ウインナー 6本 (1袋)
・ミックスビーンズ 1缶≒110g (50~100g)
・水 500㏄ (適量)
・顆粒コンソメ 大さじ1
・ローリエ 1枚
・カットトマト缶 1缶 (300~400g)
・塩 小さじ1/2
・コショウ 10ふり
・ケチャップ 大さじ2
・バゲット お好みで添えても◎

( )は原作分量です。

なお原作になかった分量は、作ってみておいしかった分量で補足してご紹介しています。

作り方では詳しく書かれていない工程も、追記補足&作りやすい順序で紹介していきます!

 

スポンサーリンク

ミネストローネの作り方を20枚の画像で徹底解説!

1.玉ねぎ1/2こは皮をむいて両端をおとし、1cm角の粗みじん切りにしてボウルに入れる。

 

2.にんじん1/2本も皮をむいてへたをおとし、たて四つ割にしたら1cm角に切って、玉ねぎと同じボウルに入れる。

 

3.キャベツの葉4枚も1cmほどのざく切りにして、玉ねぎとにんじんを入れたボウルに加える。

本記事では、便利なざく切り済のキャベツを購入しさらに小さく切りました。

 

4.ソーセージは1cm幅の輪切りにする。

 

5.にんにく1片はへたをおとして皮をむき、みじん切りにする。

 

6.中ぐらいの鍋にオリーブオイル大さじ1とみじん切りにしたにんにくを加え、弱火で1分香りが出るまで炒める。

鍋はフッ素加工がしてあるものを使うと焦げ付きにくいためおススメです。

 

7.にんにくの香りが出てきたら、ソーセージを加えて弱火で2分炒める。

 

8.ソーセージがいたまったら、1cm角に切りそろえた玉ねぎ・にんじん・キャベツを加え、中火で2分炒める。

 

9.野菜がしんなりとしてきたら、ミックスビーンズを加える。

 

10.ミックスビーンズを加えたら、水500㏄を加えて強火でひと煮立ちさせる。

原作では、水の量は野菜がかぶるくらいとあり、本記事で使った鍋で調理した場合500㏄で野菜がかぶるくらいになりました。

 

11.鍋がひと煮立ちしたら、顆粒コンソメ大さじ1と半分に折ったローリエ1枚を加えかるく混ぜ合わせる。

本記事ではうっかり忘れてしまいましたが、ローリエは香りを出すために半分に折って加えましょう。

 

12.鍋にふたをし中火で10分煮て、具材に火を通す。

 

13.中火で10分煮たらふたをあけ、トマト缶1缶分を鍋に加えスープを混ぜあわせる。

 

缶の内側についているトマトペーストは、お玉でミネストローネのスープをすくって缶に戻し、そそぐようにして鍋に戻すと無駄なく使いきれます。

 

13.ケチャップ大さじ2、塩こっさじ1/2、コショウ10ふりを加え、スープの味をととのえる。

 

14.味が決まったら鍋にふたをして、弱火で20分煮込む。

 

20分ほど煮込んだものがこちら。

スープのかさが少しだけ減り、具材に味がなじみました。

 

15.煮込み終わったら、ローリエを取りのぞく。

ローリエは煮込みすぎると苦みが出てしまうので、忘れずに取り除いておきましょう。

 

16.ミネストローネを盛りつける。

 

完成!

 

お好みでバゲットをトーストして添えても◎

 

スポンサーリンク

ミネストローネの調理時間は60分でした!

ただし、こちらは写真を撮っていた時間が余分にがかかっています。

お肉を冷ます時間をのぞけば、調理作業時間は10分ほどで完成するお料理と言えるでしょう!

 

そして、咲ちゃんのミネストローネがついた本日のお献立はこちらになりました!

◆Today’s menu◆
・咲ちゃんのミネストローネ
・バゲット
・アイスティー

 

スポンサーリンク

ミネストローネは体もあたたまる栄養満点のトマトスープ!

たっぷりのお野菜にミックスビーンズ、旨味をしっかりと感じられるウインナーも入った贅沢なスープ!

キャベツの葉はレシピに4枚とありますが、たっぷり入れて作るとトマトの味がなじんでかなりおいしいです。

煮込みに時間をかけているので、お野菜はやわらかく食べやすくなっているのでモリモリ食べられます。

 

原作のようにフランスパンをトーストして添えてみましたが、ミネストローネのスープにつけて食べるとこれまたおいしい!

栄養満点の食べるスープは丼で2杯分が作れますが、2人で1食でペロリと完食してしまうおいしさでした。

ケチャップで味をととのえているためトマトの酸味も少なく、お子様でも食べやすい仕上がりですよ。

 

スープにごはんと粉チーズを入れれば、トマトリゾットにもアレンジできる神レシピです。

栄養満点のスープ、ぜひお試しを!

 

スポンサーリンク

ミネストローネの原作の献立はこちら!

ごほうびごはん11巻より

原作で作られている献立の詳しい記事は #231 にてご紹介しています!

ごほうびごはん11巻で紹介しているお料理の一覧が気になる方は、下記よりどうぞご覧ください!

 

スポンサーリンク

ミネストローネの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「ごほうびごはん」11巻#231 ポータブル春キャベツ に登場するイタリアの具だくさんスープ「ミネストローネ」の作り方を、写真付きでご紹介いたしました!

 

ぜひ桃子お手製のミネストローネを、あなた自身で味わってみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

「ごほうびごはん」の全巻料理をまとめた記事はこちらでご紹介しています。

 

社会人として働く咲ちゃんたちのグルメな日常がのぞける原作漫画と、

咲ちゃんの手料理が再現できる公式レシピ本はこちらからチェックできます!

当レシピ登場巻

ごほうびごはん最新刊

公式レシピガイド


コメント

error:当サイトを悪用する方がいたため、残念ながら右クリック機能を制限いたしました。
タイトルとURLをコピーしました